家具を運んでもらう前に準備することは何?

家具の引っ越し前にやっておくべき下準備は?

引越しを少しでもスムーズに行うための下準備は大事になります。
下準備の知識を持っていれば、今後の引っ越しの際に何かと使えます。


まず、引越しで本棚などの家具を運搬する際、中の荷物をすべて出して別々にして梱包をする作業を自分で行おうとしたことはありませんか?


その作業を自分一人で行うのはとても大変な作業ですし、時間も大変掛ります。


ですが基本的には別々に梱包する必要があるので、気合いで梱包をしなければなりません。



実は引越し業者によりますが、そのような面倒な作業をすべて代行で行ってくれる業者もあるのです。



女性の場合は下着などは自分で梱包し、後はすべて引越し業者の方にお任せしましょう。


タンスはタンスでそのまま運んでほしいけど、なぜ中身をすべて取りだす必要があるのでしょうか?




単純に危険だからです。


では中身がそのまま入った状態で家具を運ぶことで発生するトラブルは何でしょうか?




考えられることは、運ぶ物が重すぎることによって運ぶ業者が怪我をしたり、タンスが壊れることがあるためです。



最大限中身を空っぽにして少しでも引越し業者の負担を減らしてあげる必要があるのです。



もしもそれが食器棚だった場合、中から食器が出てきて、人に当たったり、割れた破片が散らばったりなどして非常に危険です。


服も同様に散らばれば大変ですし、視界が悪くなって大きな事故を招くというリスクがあります。



他にもできる下準備として、「養生」を行うことです。


養生というのは、家具などを運ぶ際に壁などを傷つけないように保護をすることです。

事前にマットを壁や床に敷くことで、養生することが可能です。

家具にも傷を付けないようにするためにも、専用のカバーをかける必要があります。


雑な養生を行うと、新居の壁や床、家具に傷をつけてしまう恐れがありますので、カバーや、マットはしっかりと敷いておくようにしましょう。



引越し業者でも、搬送前に養生を行う場合がありますが、費用に含まれる場合と無料の場合があるため事前に比較が大切です。

 

サイトマップ