生活保護者の場合、引っ越し費用はどうなるの?

ケースワーカーがうんと言う材料を用意してあげる。

生活保護を受給している場合、引越しをすることはできるのだろうかという疑問が浮かんでくるものです。

なぜならば、生活保護の費用は1ヶ月の上限が決められている上に、役所からその使用用途に制限がかかってくる場合がありますので、引越しなどの用途にそれを使用しても良いものなのか分からないからです。

しかし、たとえ生活保護を受給していたとしても引越しを行わなければならないケースは多々あり得ますので、まずこの疑問について解消しておくことが必要になってくるでしょう。


それでは、生活保護者の引越し費用は一体どうなるのか、これについてはまず市役所のケースワーカーと相談を行うことが必要になってきます。

生活保護費は様々な用途によって支払われる金額が変わってきますが、それが本当に必要なお金なのかどうかという点についてはケースワーカーが判断をする場合も多々あるからです。


この時に、まず自分自身で引越しをしたいということ、そして引越し先の物件と引越しを行う業者の選択を行っておくべきです。


そして物件や業者を選ぶべきポイントとして気をつけなければならないのが、

物件は定められた家賃の範囲内で決めること、
そして引越し業者は地域で最安値の業者に頼まなければならないということです。


これらのポイントさえ気を付けておけば、

ケースワーカーも引越しにかかってくる費用を自立に必要なお金として勘案してくれますので、嫌な顔1つせずに支払を行ってくれます。


このことから、たとえ生活保護者であったとしても、引越しを行う時には物件に支払うべき敷金礼金などの初期費用や運送料を含めて必要な費用が最低限出ますので、
心配することはなく引越しを行いましょう。

 

サイトマップ